車検・点検・整備

(有)プロテック湘南は関東陸運局指定の民間車検工場です。

車検整備
 プロテック湘南では、車検の時だけ検査をクリアできれば良いというようないい加減な対応はいたしておりません。車検の検査後に長期にわたり安心してクルマにお乗りいただけるよう確実なメンテナンスを施しております。「車検を受けて1ヵ月後には廃車にする」なんて場合は別ですが、半年後・1年後と安心してクルマと付き合うには確実なメンテナンスが不可欠です。これは新旧問わずどんなクルマにもあてはまります。国が定める車検の検査基準は、検査を受ける時の車両の状態で「良い・悪い」を判定しますが、その「良い」状態がいつまで続くのかを保証はしてくれません。安全にクルマを走らせるのはユーザーの責任です。そして、それをサポートするのがプロテック湘南の安心・確実なメンテナンスなのです。

ブレーキの聞き具合を検査

車検整備
 クルマの安全走行にまず必要なのがブレーキ。あたりまえな話ですが、ブレーキが効かない・効きが悪いなんて状態だと、危なくてまともに走ることはできません。1tを超える車体を安全に停止させるブレーキは、あなたの命綱です。車輪を測定器に載せ、ブレーキの聞き具合を判定。右の写真は前輪の測定の例です。ブレーキのかかり具合を数値で表します。

後輪のブレーキテストとスピードメーターの検査

車検整備
 前輪と同様に後輪もブレーキテストを行います。後輪の場合は、フットブレーキの他にサイドブレーキの効き具合も測定・検査します。また、写真にあるクルマの場合は、後輪にてスピードメーターの誤差測定をし、検査します。タイヤのサイズが標準と違うものを装着している場合などにスピードメーターに誤差が出たりしますので、タイヤ交換の際は注意が必要です。タイヤ交換は信頼できるお店を選びましょう。

環境を守る、排気ガス測定・検査

車検整備
 人体に害を与えるような有害な排気ガスを出さないために、排気ガス検査は重要です。また、クルマの健康状態を判断する意味でも排出ガスを知ることは大切です。目には見えない排出ガスも、この測定機器を使えば的確に分析し、数値に表すことが可能です。検査基準値内にないクルマは検査をパスすることはできません。もちろん、プロテック湘南ではこのようなクルマの修理も難なくこなします。

ヘッドライトの光軸角度と明るさの測定・検査

車検整備
 ヘッドライトは正しい向きで照射されないと、危なくて走れたものではないですね。また、その明るさも、基準値内収まったものでないと、明るすぎると対向車に迷惑となりかねません。「だいたいこのくらい」などというあいまいな判定ではなく、正確な測定機器を用いて検査をおこないます。車検での測定だけではなく、ライトを交換した際や極端に車高が変わるような場合(タイヤ交換やサスペンション交換など)にも測定することをオススメいたします。

タイヤの向きはどっち?

車検整備
 サイドスリップ・テストクルマに加わる力は様々。意外に自分で何かした覚えが無くても、タイヤの向いている方向はミリ単位で狂ってくるものです。タイヤの向きが狂うとハンドルが左右どちらかに取られてしまったり、タイヤ接地面の変磨耗を起こしたりしてしまいます。車検における測定・検査は、進行方向に対するタイヤの向きを判定します。これ以外にもタイヤの角度(アライメント)は設定値が様々ありますので、気になる方は別途ご相談下さい。

見えないところをチェック!

車検整備
 下回りの検査普段、クルマの下回りなんて見ませんよね。でも、見えないからこそ、検査は大切なんです。各種取付箇所のガタつきや、下部のオイル漏れ、ドライブシャフト・ゴムブーツなど消耗品の不具合が無いかどうかを目視でチェック。様々なシーンで走れるクルマですが、雨や泥や石や段差など過酷な状況下にある下回りは結構重要だったりします。オイル撒き散らしたり、排気ガス漏れたりしたらマズイですからね。

車検料金のご案内

車検料金

※輸入車の車検料金につきましては上記とは異なります。別途お問合せください。

Image not available
Image not available
Image not available
Image not available
Image not available
Image not available

プロテック湘南では、高性能デジタル診断機器を導入して車両の状態を正確に判定

Slider